解体工事のエキスパート 三同建設株式会社 本社/大阪市西区 東京支店/東京都中央区

三同建設

新たな0へ向かうという考え

お知らせ

2020年度安全衛生大会を開催しました。

①
②
③

本年度の安全衛生大会を2020年1月24日(金)に東京支店、参加者34名
2020年2月14日(金)大阪本社、参加者170名、各々開催しました。
お世話になっている各ゼネコン安全担当部署関係者のご来賓いただき、
当社の本年度 安全品質管理計画の説明を行いました。
最後に本年度のスローガン
「無駄と思うな手順の確認 人に頼るな任せるな 習慣づけてゼロ災害!」を
唱和して無事故無災害を祈念しました。

建設業労働災害防止協会より表彰を受けました。

建災防 大阪支部 堺分会 表彰状_page-0001
建災防 大阪支部 西分会 表彰状_page-0001

2020年1月 建設業労働災害防止協会大阪府支部の堺分会と大阪西分会より
2019年5月から6か月間の安全競争において各表彰状をいただきました。

○堺 分 会・・・期間内の当社元請工事 無事故無災害に対して。
○大阪西分会・・・期間内の当社一括有期工事 無事故無災害に対して。

今後も安全を最優先にして常に無事故無災害の解体工事を施工いたします。

東京商工リサーチ発刊「関西版ALevel(エラベル)」掲載されました。

2019エラベル掲載_page-0001
2019エラベル表紙_page-0001

2019年12月発刊「関西版ALevel(エラベル)」は東京商工リサーチ株式会社が厳選した、
関西2府4県のAランク優良企業(同社登録企業の8%)の企業情報・求人内容が掲載された、
情報誌です。
昨年に引き続き当社が掲載されました。
エラベルは書店で販売、各ハローワーク、関西主要大学の就職部・キャリアセンターで
閲覧できます。

高校生のインターンシップを受け入れました。

①
②
③
④

2019年12月上旬、東京都内当社受注作業所にて都立の工業高校から、
2名のインターンシップ(就業体験)を3日間受け入れを行いました。
朝礼参加から危険予知活動、作業計画の補助作業、足場組立・内装解体の実施見学を
行いました。
工業高校・若年層に対して解体工事の必要性と専門性を理解してもらえる機会となり
ました。
今後も積極的に受け入れ活動を行い将来の担い手確保を行います。

「大阪府企業防衛連合協議会」全体会議に出席しました。

IMG_0127

 

 

IMG_0128

 

2019年11月22日
当社 加盟しております「大阪府企業防衛連合協議会」全体会議が
大阪商工会議所にて開催され出席しました。

 

大阪府警察 幹部の方をはじめ大阪府下加盟会員企業約250社が出席、
大阪府警察本部 刑事部長の挨拶では企業防衛について、
大阪府警察組織犯罪対策本部長警視正より
反社会的勢力の組織犯罪の現状と対策について講演がありました。

 

大阪本社は「大阪府企業防衛連合協議会」
東京支店は「公益社団法人 警視庁管内特殊暴力防止 対策連合会」に加盟、
それぞれ当局のご協力をいただきクリーンな商取引と反社会的勢力根絶の一助を
になっています。

施工実績を新しく追加致しました。

施工実績を新しく追加致しました。
→施工実績はこちら

セレッソ大阪ロビーキッズフェスティバルU-9への開催協力を行いまし た。

IMG_3360
cache_Messagep54720
cache_Messagep54727
2019年11月3日(日)一般社団法人セレッソ大阪スポーツクラブが企画・開催している
「セレッソ大阪ロビーキッズフェスティバルU-9」の開催に当社が協力しました。
ロビーキッズフェスティバルU-9とは小学校3年生を対象としたサッカー大会で
35チームがサッカー経験の有無を問わずサッカーを通してスポーツの楽しさを感じながら
チームワークや思いやりを学んでもらうイベントです。
当日はお天気にも恵まれ子供達にはいい日になりました。

鴻池組大阪本店 安全衛生協力会様より弊社社員が表彰を受けました。

久末 鴻池組 協力会表彰_pages-to-jpg-0001

2019年10月30日 鴻池組 大阪本店 安全優良者表彰式にて
弊社 久末 史生が鴻池組 大阪本店 安全衛生協力会様より
「安全優良者(職長)表彰」を受けました。

特許取得のお知らせ

 

この度、弊社が下記の特許を取得したことをお知らせいたします。

 

特許番号  第6545549号
特許登録日 令和元年6月28日
発明の名称 構造物支持部材およびそれらを用いた構造物解体工法
特許権社  三同建設株式会社

 

背景
ビルなどの構造物を解体する際に、重機で支えた状態で、梁やスラブなどの構造物の鋼製部材を切断する場合、重機で支える時間が長くなるほど解体作業の効率が低下する。また、支保工を利用した場合、資材の搬入・支保工の組立および解体工事に多大な労力が必要となり、人力作業にも危険性が伴う。

 

特許の概要
構造物に含まれる梁やスラブを簡便な方法で切断できる構造物支持部材およびそれを用いた構造物解体工法を提供する。
この支持部材は固定部・荷重受け部・反力部・アーム部を組合せて構造物の梁部・スラブ部に使用、従来の支保工を使用することなく併せて支保工を組立・解体の労力も省け切断解体工事の作業効率を高める上で極めて有効であり、安全・コスト減に寄与する。

大林組様より弊社社員が表彰を受けました。

松高 大林組 表彰_page-0001
2019年7月31日 大林組様より弊社 松高 崇が当社受注工事
「福知山線列車事故整備他工事」にて優良職長表彰を受けました。