解体工事のエキスパート 三同建設株式会社 本社/大阪市西区 東京支店/東京都中央区

三同建設

コンプライアンス

豊かな住環境づくりと社会の発展

私ども三同建設株式会社は昭和47年に初代細川隆一が大阪市難波元町に設立いたしました。当時、大阪市の阿倍野再開発事業がスタートしており、ご縁あってその中で解体工事の基礎を学ばせていただきました。
そして平成4年に私、細川恵吾が代表に就任いたしました。

年々、地球的規模で環境への取り組みと関心が高まる中、私ども三同建設は常に環境に配慮し、且つ安全に施工をする解体工事を通して、都市の再生を促し、豊かな住環境づくりと社会の発展に寄与できると信じております。

今日も0(ゼロ)の起点を造り続けます。

新たな街の機能を構築するとき、まずそこにある構築物を社会に、環境に負担なく撤去する。0(ゼロ)の起点を造ることこそが、私ども三同建設に託された使命だと考えております。

また、私ども三同建設の歴史は死亡災害0(ゼロ)の歴史でもあります。今までもこれからも、この0(ゼロ)の歴史を私ども三同建設の誇りとして受け継ぎ、そして引き継いでまいります。

三同建設は解体工事を通して、環境に、社会に、未来に対して何ができるのかを常に考えて、今日も0(ゼロ)の起点を造り続けます。

代表取締役 細川 恵吾